• HOME
  • >
  • blog
  • >
  • UX分析改善例「出前館アプリ編」

UX分析改善例「出前館アプリ編」

投稿日:

はじめに

アプリを使う時、こんなUXになったらいいのにと思ったことありませんか。

ここでは色んなシステムやサイト又はアプリのUX改修をかってに行い、より良いユーザービリティを目指し提案します。

今回はスマホアプリ出前館について考えてみました。本記事ではユーザーの目に一番多く触れる「お店一覧」画面にフォーカスします。

商号
株式会社出前館
資本金
161億1,342万円(2020年8月末現在)
従業員数
139名(2020年8月末現在)
業界
デリバリー

現状の課題/改修の方向性

出前館アプリ「お店一覧」画面

出前館アプリはiOS, Android端末向けのApplicationを提供し、ユーザーと店舗を繋いだデリバリーサービスを行っています。

アプリの操作性について大きな問題は見受けられませんでしたが、ユーザーへより理想的なサービスを提供するための改修案として以下を考えました。

  • 幅広いユーザー層を意識したUIデザイン改善
  • 長く愛されるための機能拡張

まずは以下の画面案をご覧ください。

UXUI改善後の出前館アプリ版の画像

改修案

修正箇所です。

  • 配達住所・キーワード検索の入力フォームを広くしてタップしやすくする
  • お得なキャンペーン/特集などを広告するための場所を設置
  • AI技術を駆使した「あなたへのおすすめ」機能追加(例えば肉料理を良く注文するユーザーにはサラダ料理を提供する店舗を紹介するなど)
  • 気になる店舗を簡単に「お気に入り」できるように♡ボタンをサムネイルに表示
  • ユーザーの良く注文する店舗やお気に入りしている店舗をすぐ見せる
  • カテゴリ名を理解しやすいライティングに変更
  • 検索専用メニュー(画面)を設ける

現在の「お店一覧」画面では、近くのお店リストが縦並びになりほぼ無限スクロール仕様になっているため(フィルター機能があるとは言え)長いスクロールで集中力が落ちてしまう懸念があります。

対策として検索項目/機能についてより強化した画面を別途提供し、今の「お店一覧」を「ホーム」画面としてカテゴリをより充実させ、お店リストを横スクロールにする事でサマリーを担うカテゴリ中心の構成で店舗を探しやすくする必要があります。

検索は膨大なデータからユーザーの探すコンテンツをいかに素早く見つかるようにするかがポイントになります。

まとめ

ストレスの感じないUIはもちろんですが、ユーザーが望む事をUX調査などできちんと把握し、緻密な改善の繰り返しが大事でしょう。

【今すぐにでもデザイン思考を重視したプロジェクトを推進したい場合は】

UXデザインコンサル会社 / Webコンサル会社へ業務を委託するというやり方が考えられます。

幅広い業種・規模での経験があるUXDoctorでは、経験に基づきUI/UXデザインコンサル会社の選び方を無料公開しております。

UI/UXデザインコンサル会社の選び方を無料公開してます。

どんな基準で、何を見ればいいか分からない方におすすめです。

資料をダウンロード

error: Content is protected !!